Macスクロールバーを常に表示させる設定に変更する方法

Macスクロールバーを常に表示させる設定に変更する方法

Minacoole へようこそ!

こんにちは、Mac初心者 みなくる です。

Webサイトのページやブログの記事は縦に長く画面に入り切らないケースがほとんどです。

そんな時スクロールバーを常に表示しておくとスクロールバーを掴んでページを上下に移動させる時に非常に便利です。

「Macスクロールバーを常に表示させる設定に変更する方法」をご紹介します。

Macのスクロールバー

Macのスクロールバー

ウインドウ右端に表示されているのがスクロールバーです。

Macのスクロールバーの表示がない状態

スクロールバーが表示されていない状態です。

Macのスクロールバーの表示は「常に表示」がおすすめ

Macのスクロールバーの表示は「常に表示」がおすすめ(スクロールバースライダー)

ページをスクロールする際にスクロールバースライダーをマウスポインタで掴んで上下に移動させる操作を良く使います。

スクロールバーの表示を「マウスまたはトラックパッドに基づいて自動的に表示」や「スクロール時に表示」に設定しているとスクロールバースライダーが瞬時に消えてしまい思うように掴めません。

なかなかスクロールバースライダーが掴めなくて無性にイライラします。だからスクロールバーは「常に表示」に設定しいつでもスクロールバースライダーが掴めるようにしています。

また、Webサイトのページの長さによってスクロールバースライダーの長さが長くなったり短くなったりします。スクロールバースライダーの長さでページの長さや記事のボリュームがわかり非常に便利です。

Macのスクロールバーを常に表示させる設定に変更する手順

1.メニューバーから「Appleロゴマーク」を選択

1.メニューバーから「Appleロゴマーク」を選択

2.アップルメニューから「システム環境設定」を選択

2.アップルメニューから「システム環境設定」を選択

3.「一般」を選択

3.「一般」を選択(システム環境設定)

4.スクロールバーの表示の選択肢から「常に表示」を選択

4.スクロールバーの表示の選択肢から「常に表示」を選択

これでスクロールバーが常に表示されます。

MEMO
「常に表示」に設定してもスクロールバーが消えてしまう場合はページを再読み込み(リロード)すると表示されます。

まとめ

Macスクロールバーを常に表示させる設定に変更する方法

いかがでしたか。

Google Chrome などのブラウザで縦に長いページをスクロールバースライダーを掴んで上下に移動させるならスクロールバーを常に表示しておいた方が便利です。

スクロールバースライダーの長さでページの長さや記事のボリュームもわかるのでおすすめです。

「Macスクロールバーを常に表示させる設定に変更する方法」をご紹介しました。