新江ノ島水族館に行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと

新江ノ島水族館に行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと


Minacoole へようこそ!

こんにちは、子供と素敵な時間を共有したい みなくる です。

「新江ノ島水族館を体験し行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと」をご紹介します。

前日、富士サファリパークで遊び、ホテル(マースガーデンウッド御殿場)で一泊したみなくる一家。

このホテルがとてもサービスが行き届いていて私がこれまで宿泊したホテルではトップクラスのコストパフォーマンスでした。

機会があれば記事にしたいと思います。

そんな宿泊先でのことみなちゃんは水族館に行きたいなぁ・・・。

くるくんばかり「富士サファリパークに行ってずるい!」と言いたいのだろう。

みなくる家の財務大臣・・・。

いいえ、内閣総理大臣のママと相談した結果、帰宅経路上にある新江ノ島水族館にいくことにしました!

新江ノ島水族館に行くなら割引券を活用しよう

新江ノ島水族館のカラフルな水槽

後ろ髪をひかれる思いでホテルを後にし新江ノ島水族館にいざ出発!

とはいえ、急に行くことになったので割引券など持ち合わせているはずもありません。

期待のママはというと・・・。

昨日のウォーキングサファリで疲れ切っており助手席で熟睡モード。

そのまま、新江ノ島水族館に到着。

何の割引もないまま入場することになってしまいました。

誰もが簡単に利用できる割引券に絞って表にしてみました。
※新江ノ島水族館の「年間パスポート」なら、通常の2回分の入場料金(大人はさらにお得な料金)で、1年間何回でも入場可能です。
※高校生の方は、来場時に水族館のチケット売場窓口で生徒手帳(又は生徒証、学生証)の提示が必要です。
※JR各駅、みどりの窓口等で購入された「鎌倉・江ノ島パス」はご利用いただけません。
割引券大人高校生中学生
小学生
幼児
(3歳以上)
通常入場料2100円1500円1000円600円
年間パスポート4000円3000円2000円1200円
コンビニ前売り券2000円1420円950円570円
JTB前売り券2000円1420円950円570円
小田急線各駅購入の
「江の島・鎌倉フリーパス」提示
小田急線各駅購入の
「江の島1dayパスポート」提示
1890円1350円900円540円
相鉄線・西武線各駅購入の
「江の島・鎌倉フリーパス」提示
1890円1350円900円540円
東急田園都市線各駅
(中央林間駅を除く)購入の
「東急江の島・鎌倉フリーパス」提示
1890円1350円900円540円
江ノ電各駅購入の
「江ノ電1日乗車券のりおりくん」提示
1890円1350円900円540円
湘南モノレール各駅購入の
「1日フリーきっぷ」提示
1890円1350円900円540円
POINT
年2回以上行くなら、年間パスポートが断然お得!

関連記事:富士サファリパークに行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと

新江ノ島水族館の駐車場はどこ?

新江ノ島水族館の大水槽

ついて早々に新江ノ島水族館の洗礼を受けることになりました。

駐車場がすでに満車になっていたのです。

実は満車になっていたのは新江ノ島水族館にもっとも近い有料駐車場でした。

(「※当館には専用の駐車場はございません。周辺に有料駐車場がございますのでいずれかをご利用ください。」と公式サイトに明記されておりました。)

しかたなく駐車場前の警備員さんに近くに駐車場がないか訪ねてみると「新江ノ島水族館のとなりにある」というので早速行ってみた。

県立湘南海岸公園中部バス駐車場という駐車場がありまだ空いている様子。

何とか車を止めることができました。

県立湘南海岸公園中部バス駐車場の駐車料金(2017/8/15 現在)
普通車 
7・8月の全日30分 / 260円
最大料金(平日)/ 3,000円
(土・日・祝祭日及び8/13〜8/16は最大料金5,000円)
その他30分 / 210円
最大料金(平日)/ 1,650円
最大料金(土日祝)/ 2,060円
POINT
車で行くなら事前に駐車場を調べておこう!

関連記事:アクアパーク品川に行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと

新江ノ島水族館のイルカ・アシカショーを堪能しよう

新江ノ島水族館のイルカ・アシカショーは最高

次行こう、次!

先にどんどん進んでしまうくるくんと違いみなちゃんは持ってきたポケット図鑑で展示されてる魚を調べながら一つ一つの水槽をじっくり観察していました。

みなちゃんはお魚を見るのが大好きなんです。

今日のイルカのショーは・・・。

「きずな/kizuna」と「ドルフェリア」の2つがあるようだ。

早速、イルカショースタジアムに行ってみると思ったよりも水槽が小さい・・・。

そんな第一印象とは裏腹に「きずな/kizuna」がはじまると狭い水槽から飛び出してしまうのではないか?

と思うほどイルカが高くジャンプしていた。

他の水族館と違い天井から吊り下げられたバルーンがない。

そのため、イルカがいつジャンプするかわからず水槽から目が離せない。

ハラハラドキドキしながらあっという間にショーが終わってしまった。

こうなると、もう一つの「ドルフェリア」も是非見たい!

そのまま席に座って待つことにした。

待っている間、売店で「たこやき」「ポテト」「スノーアイス」を購入して食事を済ませました。

というのも、ゆっくり食事をする場所がほとんどないのです。

周りを見ると同じようにイルカショースタジアムで食事をしている人が結構いました。

「ドルフェリア」はイルカと言葉を交わせるアクアンがイルカにエサをあげずに行う難易度の高いショー。

エサを使わないからかイルカとのシンクロ具合が実にすばらしい。

水槽の狭さを感じさせない見事なショーでした。

ショー以外でも館内全体で展示などに工夫をこらしていて見ごたえがありました。

POINT
イルカ・アシカショーは、早めに席を確保して食事を済ませてしまおう!

関連記事:東京タワーに行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと

新江ノ島水族館のタッチプールでヒトデやナマコを触ってみよう

タッチプールでヒトデやナマコを触ってみよう

なにやら子供達が群がっている場所がある・・・。

そう、タッチプールだ。

みなちゃんとくるくんも水辺の生き物と触れ合うのが大好きなので猛ダッシュだ。

私はナマコとか絶対に触れないのだが・・・。

何度も手を洗いに行っては手を拭くので私のハンカチはビチョビチョ。

こんな時のために大き目のタオルがあると良いと思います。

POINT
ビチョビチョになるので着替えやタオルを用意しておこう!

関連記事:日本科学未来館に行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと

新江ノ島水族館の体験学習プログラムに参加しよう

ウミガメの家族

同じフロアでちょっぴりワークショップ「みんなで作ろう“えのすい”ハンカチ 2017」というオリジナルのタオルハンカチを作るイベントが催されていた。

みなちゃんはこういうイベントに参加するのが大好き。

一人:300円とお手頃価格。

くるくんと二人で参加しました。

日によって定員と終了時間が異なるようなので事前にイベント内容を確認しておくことをおすすめします。

みなちゃん作

体験プログラムで作成したタオルハンカチみなちゃん作

くるくん作

体験プログラムで作成したタオルハンカチくるくん作

POINT
事前にイベントの内容を確認しておこう!

関連記事:アクアワールドに行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと

まとめ

新江ノ島水族館から見た海

  • 年2回以上行くなら、年間パスポートが断然お得!
  • 車で行くなら事前に駐車場を調べておこう!
  • イルカ・アシカショーは、早めに席を確保して食事を済ませてしまおう!
  • ビチョビチョになるので着替えやタオルを用意しておこう!
  • 事前にイベントの内容を確認しておこう!

「新江ノ島水族館に行く前に「知っておけばよかった!」と思ったこと」をご紹介しました。

新江ノ島水族館にこれから遊びに行かれる方の参考となれば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

Minacoole(みなくーる)